HOME

会社概要

まちづくり

K地区

N地区

S地区

建築設計

構造設計

調査研究

ネットワーク

English

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既存活動をつなぐ
プロジェクトマネージメント型 コミュニティワーク

 JR新大阪駅に隣接したエリアにあるこの地域では、様々な地域組織や公共施設なども充実し、これら多様な主体において(テーマ別の)積極的な活動が進められてきた経緯があります。
 まちづくりの特徴としては、定住型のコーポラティブ住宅事業やコミュニティバス事業をはじめ、団地再生、コミュニティサロン、公園ビオトープ、保育所の統廃合に伴う大規模修繕など、既存の組織や多様な活動をつないで進めるプロジェクトマネージメント型まちづくりであるといえます。
 

  • 今後の環境の変化にも柔軟な対応を考えよう
  • 生活感があふれる空間づくりを進めよう
  • 出会い・つながりの舞台づくりを進めよう
  • 色々な住み方ができる自由な住戸計画を目指そう
  • 陽と風と緑豊かな自然を創出しよう
  • まちづくりビジョンの具体化をめざそう
  • ひとに優しい安全・安心の住環境を整備しよう
  • 人のつながりを大切にした環境づくりを図ろう
  • 多様な世帯が一緒に住める地域を目指そう
  • 従前の生活や人のつながりを大切にしよう
  • <コミュニティケア・地域循環居住の実現>
  • イベントによる居住者相互の関係づくりを図ろう
  • おたがいさまの意識づくりを創出しよう
  • 住まいとまちへの愛着心を創出しよう
  • 日常生活とまちとの接点・実感づくりを図ろう
  • 世代間交流の機会づくりを進めよう

 
  地域生活で培われてきた様々な「つながり」を大切にした「テーマ」を設定して居住者の集まりをつくり(コミュニティ・ユニット)、テーマ別ワークショップなどを通じて事業計画を策定し、建替後の共にすまうイメージづくりと住環境づくりを事業の反映しようとするものです。そして、この事業をつうじて居住者が団地やまちに愛着心を持って、世代を越えた住民の関係づくりを育みながら、団地完成後も生活破綻のない「安心居住」や持続的な「自治・住宅管理」の充実を目指そうというプロジェクトです。

生活スタイルに対応する間取り自由度
従前からの関係を繋ぐ入居システム
建替後の自立的・持続的自治管理

可変型プラン・間取り選択、バリアフリー、福祉系住宅、共有スペースの充実、自主管理共有庭の整備、環境共生・緑化等の検討、コミュニティユニット入居、立体街路、コミュニティサロンの設置 等々