HOME

会社概要

まちづくり

K地区

N地区

S地区

建築設計

構造設計

調査研究

ネットワーク

English

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みまもりから始まる安心自治のまちづくりを目指すコミュニティワーク


■この地域は、約2500世帯のコミュニティで、その内約1400戸がを公営住宅が占めています。そして2003 年に団地の改修および建替計画づくりが開始されたことから、地域ではまちづくり協議会が設立されました。

■この協議会では、孤独死が頻発し、自治組織の構築と高齢者世帯へのケアの取り組みの必要性が高まっていたことから、「昔のように『おたがいさま』の気持ちを取り戻そうを合い言葉に「住民出資型のみまもり活動」からはじまりました。

■その後、つぶやき拾いの手法として実施した「すこーしまえのくらしマップ」を手がかりに、公園の改修事業に対して子どもや学校と共に住民デザインの提案を行いながら、実感できるまちづくりを進めてきました。

■そして、団地の改修事業では、住み方調査とデザインワークショップなどを積み重ねながら、多様なライフスタイルを受け止める可変型のプランづくりも実現しました。

■現在、協議会では、団地建替事業の具体化の段階にあり、持家取得を目指したコーポラティブ住宅の取り組みも活発化してきています。