HOME

会社概要

まちづくり

建築設計

現代長屋TEN

長屋再生1

長屋再生2

保育所改善

その他

構造設計

調査研究

ネットワーク

English

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 病院や診療所といえば権威的で閉鎖的なイメージがありますが、このクリニックは中庭に面して待合やリハビリが配置され、明るく開放的な空間づくりを志向しているどこにいても中庭を眺め清清しく、病気で病む陰気な気持ちをどこか吹き飛ばしてくれる空間を目指しました。

 隣地境界は路地的で積極性のない通路となりがちですが、中庭を面することで通路の閉鎖感を無くし、通りすがりの人達にも憩える空間になるよう配慮しました。

 また、人体スケルトンの整形を医療とする建物の暗喩として、トランスルーセントな見せ方を工夫しガラススキンを通して木造の力強いスケルトンを表現しました。
  外観は郊外型の診療所であることからロードサイドからの眺めを意識し、生駒山線形に合わせた屋根形状を特徴としています。

 他に、旧集落部へのメッセージを込め、外壁の一部に蔵を意識した炭色を使い、郊外型のドライな感覚ではなく、周辺地域と育むヒューマンな診療所になる事を願っています。